ビジネス

「メルベイユアッシュ」が破産手続きへ 

 ウィメンズブランド「メルベイユアッシュ(MERVEILLE H.)」などを手掛けるメルベイユアッシュ(東京・元代々木)が5月7日付で事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任したと東京商工リサーチが報じている。同報道によれば負債額は推定7億円、2020年3月期売上高は17億円だった。

 同社は1990年代の平成ブランドブームの中で成長。公式サイトによれば、「メルベイユアッシュ」で東武百貨店池袋本店、松坂屋名古屋店など百貨店に8店、「ユノートル(UNE AUTRE)」で小田急百貨店新宿店、浦和パルコなどに10店出店していた。コロナショックを受け、全国の百貨店や商業施設は食品フロアなどを除き4月上旬から順次休業となっており、ゴールデンウイーク明けも一部の地方店を除き再開していない。メルベイユアッシュは「3、4月は全店舗の休業を余儀なくされ、店舗売り上げがほとんど皆無」(東京商工リサーチ)となり、元来財務体質が弱まっていたところにとどめを刺された形。自社ECサイトも4月23日から臨時休業状態にあったようだ。

 また、東京商工リサーチの調べでは、5月8日時点で全国のコロナ関連経営破綻は128件(2月2件、3月23件、4月84件、5月19件)、業種別ではアパレル関連が宿泊業、飲食業に次いで3番目に多いという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら