ファッション

バンクシー本人の姿や未公開作品を収めた書籍「BANKSY CAPTURED」が発売

 イギリス出身の覆面アーティスト、バンクシー(Banksy)の未公開作品や制作過程を納めた書籍「BANKSY CAPTURED」が発売される。世界限定2万部で、価格は1万2000円。5月6日まで先行予約を受付中で、一般発売は5月15日を予定している。

 同作品集は、1990年代後半から約11年間バンクシーのマネージャーを務めていたスティーブ・ラザリデス(Steve Lazarides)が手掛け、昨年11月に初版となる5000部を発売したところ即完売したもの。今回はその第2版で、制作中のバンクシー本人を捉えた写真や未公開作品など、1万点を超えるアーカイブが250ページにわたって収録されている。

 なお、購入者の中から抽選で1人にバンクシーの作品をプレゼントするキャンペーンも行われる。プレゼントされる作品は、2004年に製作された「偽10ポンド紙幣(Di-faced Tenner)」だ。10ポンド紙幣に描かれているエリザベス女王をウェールズ公妃ダイアナに、“Bank of England”の文字を“Banksy of England”に描き変えた作品で、イギリスで開催されていたイベントに集まった人々に向けてばらまかれた約10万枚のうちの1枚。応募条件は、インスタグラムかツイッターに同作品集の写真と共に指定のハッシュタグ「#banksycaptured」「#banksy10pounds」をつけて投稿するだけ。応募期間は5月1〜31日まで。

■BANKSY CAPTURED
価格:1万2000円
サイズ:260 × 210 × 21 mm
発行:ベストセラーズ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら