日本のレザーがパリの世界的な素材アワードで初の受賞

アワード

2016/9/14 (WED) 06:51

 世界最高峰のファッション素材見本市「プルミエール・ヴィジョン」が主催するテキスタイルアワード「PVアワード」で、兵庫県姫路市の坂本商店が日本企業としては初めて、レザー部門で「ハンドル賞」を受賞した。「PVアワード」はファブリック部門とレザー部門のそれぞれにグランプリと、風合いなどを評価する「ハンドル賞」、創造力を評価する「イマジネーション賞」の2つの賞で構成されている。ファブリック部門では2014年に小松精練がグランプリを受賞したことがあるが、レザー部門での受賞は初めて。坂本商店は、国産の和牛の革を、鞣(なめ)しと漆の技術を融合する日本固有のレザー加工技術“黒桟革(くろざんかく)”の技術が高く評価された。

 「プルミエール・ヴィジョン」は13日にパリで開幕。ファブリックとレザー、ヤーン、服飾資材、プリント図柄、ガーメントの6つの部門で構成され、約1700社が出展し、世界中から6万人以上が訪れる。「PVアワード」は初日に発表された。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false false true true true