紙面紹介

ジャケットは本当に売れる? 全国30社のバイヤーに聞く2020年春夏トレンド

 「WWDジャパン」11月11日号は「2020年春夏トレンド特集」と「ロンドンコレクション特集」の2本立てです。トレンド特集では、大手チェーンセレクトショップや百貨店自主編集売り場に加え、北は北海道から南は九州までの実力派専門店の30社のバイヤーを取材。2020年春夏ウィメンズコレクションで実際に買い付けたブランドや注目しているブランド、売りたいアイテムなどを調査しました。また、長く続いたストリートトレンドからエレガンスへの揺り戻しが見える中、ジャケットは本当に売れるのかどうか?バイヤーたちのコメントを集めています。ロンドンコレクション特集では、ロンドン・ファッション・ウイークの参加ブランドが示した“ポジティブファッション” (世の中に良い影響を与えるファッション)にフォーカス。ロンドンで顕著だったサステナビリティを意識したモノ作りや、多様性と平等性の尊重を重視したコレクションを解説。また、公式スケジュールで開催された一般客向けのBtoCショーについてもリポートします。

 ニュース面では地域活性化を目指す「無印良品」の衣食住がそろった新しい大型店のビジネスモデルを解説するほか、経営破綻した米バーニーズ ニューヨークの破綻の原因や今後について分析します。裏表紙の人気企画「ファッションパトロール」では、渋谷のハロウィンの仮装をファッションチェック。「WWDジャパンハロウィンアワード」と題して、クオリティーの高い仮装にチャレンジした人たちを部門別に(勝手に)選出しています。

<訂正>11月11日号のP.17ジョナサン・アンダーソンのインタビュー記事中、「9月にパリで発売された『ロエべ』2020年春夏」とあるのは、正しくは「9月にパリで発表された『ロエべ』2020年春夏」です。訂正し、お詫びします。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 全国30社バイヤーに聞く 2020年春夏トレンド
  • 2020年春夏 ロンドンコレクション特集

EDITOR’S VIEW

  • 東コレの最大の敵は無関心

NEWS

  • 衣食住がそろった超大型店 地域活性化をビジネスに 「無印良品」が百貨店の後継に名乗り
  • 破綻のバーニーズで知っておきたい3つのこと
  • 異なるターゲットに向けた提案で新市場を獲得 フランフランから新業態が続々登場
  • 建築家の隈研吾がアシックスと協業 初のシューズデザインにかけた思い
  • 世界最大の時計見本市 止まらぬ離脱 セイコーが「バーゼル」出展取り止め
  • デサント、韓国の不買運動で大幅減益に

SERIES

  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:秋で稼ぎ、夏に儲からない「ユニクロ」
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.41 マーク・パーカーはおもちゃ好き
  • ファッション業界人物列伝:TFC社長 フィリップ・テリアン 第8話

FASHION PATROL

  • 聖地・渋谷で注目を集めた仮装は? 「WWDジャパンハロウィンアワード」

WEEKLY SCHEDULE

  • 11月11~17日