紙面紹介

2020年春夏パリ・ミラノ・ロンドン ヘア&メイク特集

 10月24・31日合併号の「WWDビューティ」は2020年春夏パリ、ミラノ、ロンドン・コレクションのヘア&メイク特集です。ここ数シーズンはファッションのクラシック回帰に呼応するように、メイクもナチュラルなテイストにシフトしています。今季もその傾向はさらに顕著となり、ミニマルなメイクアップが多く見られました。紙面では「シャネル(CHANEL)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」「ヴェルサーチェ(VERSACE)」「フェンディ(FENDI)」「バーバリー(BURBERRY)」など、各コレクションの主要ブランドをピックアップし、ヘア&メイクのポイントを紹介しています。ニュース面では女性やシニア層を取り込み間口を拡大しているプロテイン市場を分析しているほか、「クリニーク(CLINIQUE)」の美容液、「M・A・C」のクリエイティブ・ディレクターに「ペーパー マガジン(PAPER MAGAZINE)」のドリュー・エリオット(Drew Elliott)編集長が就任したニュースも取り上げています。

 近年の各コレクションはミニマルメイクの“ナチュラル”はもちろんのこと、ダイバーシティーというキーワードの台頭と共に、モデルの個性を生かすという意味での“ナチュラル(自然体)”なメイクが増加しています。例えば、リゾート感や1970年代をほうふつとさせるルックが多数登場したパリ・ファッション・ウイーク。ファッションのテーマに合わせメイクもピュア、ロースキン、ヌードなどのキーワードが目立ちましたが、「シャネル」は艶と血色感で美しさを表現。「ディオール」は繊細な肌の透明感を生かすなど、ブランドによって異なる“ナチュラル”の表現手法が目を引きました。紙面ではそれらをブランドごとに紹介しています。

 ニュース面では23年には748億円市場になると予測されているプロテイン市場のほか、若年層向けにリブランディングした「トワニー(TWANY)」、「ルルド(LOURDES)」の全身に使用できる新美容家電、青汁のイメージから脱却すべく、ロゴやスローガンをリニューアルしたキューサイの話題などを取り上げています。

訂正:10月24・31日号P.13の@cosmeの「口紅」TOP5の記事中、スック「モイスチャー リッチ リップスティック」の色数「新色10色、うち限定色2色」は、「全12色」の誤りでした。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 2020年春夏パリ・ミラノ・ロンドンコレクション それぞれの個性を生かすナチュラルメイク

NEWS

  • 女性やシニア層を取り込み間口拡大 急成長するプロテイン市場
  • 「クリニーク」が美白ラインの美容液 美容成分を2倍にして新登場
  • 「M・A・C」のクリエイティブ・ディレクターに「ペーパー マガジン」編集長
  • 「トワニー」が若年層向けにリブランディング
  • 「ルルド」から全身に使用できる美容家電が登場
  • 「ファイブイズム バイ スリー」からヘアカラーワックスが登場
  • キューサイがロゴやスローガンをリニューアル “青汁”イメージから脱却へ
  • 「オサジ」の日東電化工業が男性用スキンケアブランドを立ち上げ
  • 「シンプリス」が“センシュアルケア” 潤いケアのサプリメント発売

TOPICS FASHION

  • 「ユニクロ」を擁するファーストリテイリングがサステナ宣言

SERIES

  • ロングセラーの理由(わけ)教えます!第23回 スカルプD
  • 海外ビューティ通信 VOL.245 パリ編

HIT RANKING

  • 伊勢丹新宿本店「ファンデーション」TOP5
  • アットコスメ「口紅」TOP5

編集部が選ぶ新製品情報

  • 今週はホリデー特集。「アンプリチュード(AMPLITUDE)」の「ベースメイクキット ホリデーリミテッド」やきらめく宝石箱のような「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」の「リュクス ジェムズ アイシャドウ パレット」、人気シェードがパーティーバッグに詰まった「ディオール」の「ルージュ ディオール クチュール セット<ハッピー2020>」などを紹介。

BEAUTY PATROL

  • 「週刊プレイボーイ」で袋とじに!! “脱げる美容家” 松下侑衣花がグラビア初披露
  • “アラ20”には韓国コスメが人気 中国ブームのきそうな予感!?
  • 栄養たっぷり“おだし”レシピの試食会に潜入!
  • 「ウーノ」とコラボで美肌ネタを披露

WEEKLY SCHEDULE

  • 10/24〜10/30