紙面紹介

2020年春夏ミラノ詳報 「グッチ」の“加速する”サステイナビリティー

 「WWDジャパン」10月14日号は、2020年春夏ミラノ・コレクション詳報です。今季は多くのブランドがサステイナビリティー重視を表明したシーズンでした。“カーボンニュートラル(二酸化炭素の排出量と吸収量を同じにすること)”を強化する「グッチ(GUCCI)」は、ショー開催によるCO2排出量を相殺するためにミラノで2000本の植樹を行いました。巨額のエコ投資でコミットする「グッチ」の“サステナショー”を大解剖します。また、ニュース面では、600店舗を閉鎖するという衝撃的な発表を行ったオンワードホールディングス(HD)の構造改革にフォーカス。アパレル業界の保守本流といわれる同社の大胆な路線方向は現在の市場の変化を象徴しているようです。また苦戦を強いられている百貨店の“中の上の服”(モデレート)の縮小傾向についても分析します。

 人気連載「ミステリーショッパーが行く!」では、オンワードHDが4月にオープンした東京・代官山のカシヤマ ダイカンヤマを調査員たちが訪れました。世界で活躍するデザイナーの佐藤オオキ=ネンド代表による建築デザインで、ファッション・食・アートを提案する同館。老舗アパレルが提案する空間、接客・サービス、MDの評価はいかに……!?「齊藤孝浩のファッション業界のミカタ」では、イギリスで絶好調の「プライマーク(PRIMARK)」の決算書を読み解きます。「アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ」のお題は、AIとIoTで進化するスニーカーのデジタル化について。さまざまな機能を盛り込んで1足2万円になったスニーカを一般消費者は購入する?そもそもみんなスニーカーにどのぐらいお金をかけているのか?について語っています。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 2020年春夏ミラノ詳報 GUCCIの“加速する”サステイナビリティ

EDITOR’S VIEW

  • 「AKIRA」と「ブレードランナー」の2019年

NEWS

  • オンワード、事業モデルを大転換
  • J.フロント、夏物の販売不振で減収
  • シャネルが専門アトリエ3社の少数株式取得
  • 「ヴィクトリアズ・シークレット」ついにプラスサイズモデルを起用
  • サンモトヤマが自己破産
  • 経営破綻のフォーエバー21が米国の178店を閉店へ

SERIES

  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:ロンドン「プライマーク」の脅威
  • ミステリーショッパーが行く!:カシヤマ ダイカンヤマ
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.39 6500円
  • ファッション業界人物列伝:TFC社長 フィリップ・テリアン 第4話

FASHION PATROL

  • 日本のお笑い2大女王ウケたのはどっち!?

WEEKLY SCHEDULE

  • 10月14~10月20日

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら