フォーカス

マーク・ジェイコブス、「ルイ・ヴィトン」を去った後の心境

 マーク・ジェイコブスが2013年10月2日、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」2014年春夏コレクションのショーを最後に16年間務めた同ブランドのアーティスティック・ディレクターを辞任した。今後、自身のブランドである「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」にフォーカスし、デザイン活動をスタートするマークにWWD-NYのブリジット・フォーレイ=エグゼクティブ・エディターがインタビューをした。

【ルイ・ヴィトン 2014年春夏パリ・コレクション 全ルック】

WWD-NY(以下、WWD):「ルイ・ヴィトン」のアーティスティック・ディレクターを退任して物足りなくないか?

マーク・ジェイコブス(以下、マーク):皆から「大丈夫?」って聞かれるけど、とても前向きだよ。僕はオープンな人間だから、そうじゃなかったら、僕の方から大丈夫じゃないってはっきり言うよ。

WWD:今後はどのような方向性で活動していく予定か?

マーク:シューズやバッグにも関わりたいし、「セフォラ」とコラボで始めたコスメラインが大成功したから、それにも、もっと時間をかけたい。これからも、年間数ヶ月はパリで仕事をすると思うよ。オフィスもあるし、その方がメリットがあるから。変化があるとしたら「ルイ・ヴィトン」のショーがなくなるってこと。

WWD:「マーク ジェイコブス」はブランドとして常に優先順位が高かったか?

マーク:LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンのベルナール・アルノー社長兼最高責任者(CEO)は僕に「ルイ・ヴィトン」のデザインを任せたいがために、僕らのブランドが継続できるよう投資をしてくれたんだ。ロバート(・ダフィ=マーク ジェイコブス インターナショナル社長)がいつも「『ルイ・ヴィトン』に全力を注いでいるのはよくわかる。でも、『マーク ジェイコブス』こそ僕らが築いたブランドで、将来そのものだ」って言ってたのを思い出すね。

WWD:「マーク ジェイコブス」というブランドにとってLVMHの存在とは?

マーク:「ルイ・ヴィトン」のデザインを始める前は「アイスバーグ」のデザインや日本でコンサルティングなどいろいろなことをしてたよ。「マーク ジェイコブス」のコレクションを継続するためにね。だから、LVMHは「ルイ・ヴィトン」のデザイナーという素晴らしいチャンスを与えてくれただけでなく、僕らのブランドの支えになってくれたんだ。自身のブランドと「ルイ・ヴィトン」のデザイナーという素晴らしいチャンスを与えてくれただけでなく、僕らのブランドの支えになってくれたんだ。

WWD:自身のブランドと「ルイ・ヴィトン」への思い入れの差はあったか?

マーク:かなり。パリでは僕は外国人だからね。ニューヨークは生まれ育った所で、友人もたくさんいるし現実味がある。でも、パリでは政治も経済も他人事。僕が見たいものを見ればいいだけ。心情的にパリに愛着があるからこそ、パリの表面的な部分も本当に愛せるのだと思う。人は時どき、感情を正当化しようとするけど変だよね。愛とか幸福感とかって、感情以外の何ものでもない。理由が何であっても、自分の感情を認め大切にするべき。それは真実なのだから。