ニュース

食品宅配サービスのオイシックスが「ディーン&デルーカ」のウェルカムを持分法適用関連会社化

 食品宅配サービスの「おいしっくす(Oisix)」や「らでぃっしゅぼーや」を手がけるオイシックス・ラ・大地(以下、オイシックス)は21日、「ディーン&デルーカ(DEAN&DELUCA)」を運営するウェルカム(東京都渋谷区、横川正紀社長)の株式18.03%を11億円で取得し、持分法適用関連会社化したと発表した。

 ウェルカム社は02年創業。2018年6月期の売上高は46億円、EBITDA(減価償却前利益)は2億8500万円、純資産は25億5400万円だった(決算期変更により、4カ月分の実績。19年6月期は売上高145億円を予想)。オイシックスは同社と13年に2.05%の株式を取得する資本・業務提携契約を締結し、「ディーン&デルーカ オンラインストア」におけるマーケティング支援や、オイシックスのEC「Oi チカ」における「ディーン&デルーカ」ブランド商品の販売などの業務提携を行ってきた。

 オイシックスは、手間を掛けずに手作りの食事を楽しめるミールキットの需要拡大に対応し、18年2月にらでぃっしゅぼーや社を子会社化し、同年10月には合併により経営統合した。2019年3月期の業績予想は売上高640億円、営業利益22億円と、前期の売上高 400 億円、営業利益9 億円から大幅な成長を見込む。

 今後は事業提携をさらに深め、ウェブチャネルにおけるマーケティング支援や商品の共同開発といった従来の取り組みをさらに強化するほか、物流改革プロジェクトの立ち上げなど、更なるシナジー創出を目指す。