紙面紹介

ミレニアル世代はみんなフェミニスト 声を上げ始めた20代に響くビジネスとは?

 5月20日発売の「WWDジャパン」は、「ミレニアル世代のアクティビスト&フェミニスト特集」です。#MeToo運動と連動し、多様性の一環として世界中でフェミニズムに共感する人が増えています。特にその流れはSNSを使いこなすミレニアル世代やZ世代に顕著。特集では、女性向けエンパワーメント動画メディア「ブラスト(BLAST)」を運営する石井リナ監修の下、新たなフェミニズムのムーブメントを解説しています。

 また、女性学の第一人者で、今春の東京大学入学式の祝辞で話題となった上野千鶴子のインタビューをはじめ、4人のミレニアル世代のアクティビストによる座談会を収録。参加者はSatellite Young主宰の草野絵美、男性誌「週刊SPA!」の特集記事「ヤレる女子大学生RANKING」について抗議の署名活動を行った山本和奈、「#なんでないの」プロジェクト代表の福田和子、そして石井リナ。“おかしい”と思ったことに対してSNSを介して声を上げ、行動する彼女たちの言葉には、ファッション企業に必要なビジネスヒントも隠れています。

 特集では、フェミニズムのムーブメントともに増加する新たな媒体トレンド“フェミメディア(フェミニズムメディア)”を取り上げています。テレビや雑誌離れが広がる若年層が情報をキャッチするのはウェブやSNS。ファッションから社会問題までを取り上げ、月間5億5000万人がチェックするといわれる「リファイナリー29(REFINERY29)」をはじめとする注目のフェミメディア12選をご紹介します。また、ミレニアル世代が支持する“ソーシャルグッド”なファッションブランドも必見です。

 ニュース面では、米国と中国の貿易摩擦が及ぼす日本のファッション業界への影響から、中国市場から完全撤退した「フォーエバー21(FOREVER 21)」の失敗に学ぶ中国市場攻略を解説します。またTSIホールディングス傘下のスタージョイナスが運営するロサンゼルス発「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」事業にフォーカス。月坪約200万円を売り上げるアンディフィーテッド大阪店の絶好調の訳を、同社の松下一英社長と藤田翼・経営企画室GMが語ります。

 「ファッションパトロール」では、ファッション業界人の“妄想恋人”をご紹介。美男美女のファッション&インテリアPRから理想の彼女・彼氏像、理想のデートをヒアリングし、勝手にイラスト化しちゃいました。明日からマネできる、春夏ファッションとデートコースは要チェック!

CONTENTS

IN FOCUS

  • 今ミレニアル世代はみんなフェミニスト

EDITOR’S VIEW

  • デザインに疲れていませんか?

NEWS

  • 営業利益率14.0%達成 ゴールドウインが過去最高実績
  • 英「ファーフェッチ」がリセール市場本格参入
  • 米中貿易摩擦 ファッション業界にも波紋
  • 「フォーエバー21」の失敗に学ぶ 中国市場攻略のツボ
  • 月坪200万円を売り上げる「アンディフィーテッド」の“手前KPI”に迫る
  • リアーナがLVMHとラグジュアリーブランド設立

SERIES

  • インスタグラム全盛期を攻略せよ:インスタグラムで共感をつくる内的要因と外的要因って?
  • ミステリーショッパーが行く!:ロコンド
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.28 平成スニーカーライフ【後編】
  • ファッション業界人物列伝:トリンプ・インターナショナル・ジャパン元社長 吉越浩一郎 第11話

FASHION PATROL

  • 気になるアノ人の妄想恋人〜春夏編〜

WEEKLY SCHEDULE

  • 5月20~26日