ファッション

「エンダースキーマ」から子供の成長を経年変化で楽しめるランドセル

 東京発のフットウエアブランド「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」は、ブランドのアイコンであるベジタブルタンニンレザーで製作したランドセルを受注販売する。フルレザー(22万円)とランドセルカバーのみレザー(12万円)の2タイプを、ナチュラル、ブラックの2色ずつ用意。4月10日の三越伊勢丹オンラインストアを皮切りに、30日に伊勢丹新宿本店、7月20日にブランドの旗艦店スキマ 恵比寿と公式オンラインストアで順次受注会を実施する。商品は2020年の3月中旬に配送予定だ。

 アイテムは職人の手作業で製作。使用していくにつれ、色合いや艶、柔らかさが出るベジタブルタンニンレザーには耐久性を高める加工であるピットなめしを施したほか、水ジミを目立たせないよう、レザーの仕上げ工程でオイルとワックスを使用。6年間の小学校生活を、経年変化と共に楽しめるプロダクトだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら