フォーカス

資生堂アーティストが指南 最小限のアイテムでテイストを変える“旅メイク”3パターン

 10連休となる2019年のゴールデンウイークは、旅をする人も多いはず。旅先でのシチュエーションに応じてメイクを変えようとすると、持ち歩くアイテムが増えたりたくさんのカラーが入った大きめのパレットを持ち歩くことになったりと、荷物がかさばりやすくなるもの。そんな人に向けて、資生堂の向井志臣ヘアメイクアップアーティストが伝授する、各1パレットで作る3つのメイクパターンを紹介する。

 使用するのは、パウダータイプのアイブロウとブラウンのアイライナー、マスカラのほか、ベージュ〜ブラウン系のカラーが4色入ったアイシャドウ、チークはピンク系とオレンジ系の2色がセットになったもの。リップは近年人気のミニサイズ製品で、レッドとオレンジの2本を用意するとよいという。

アクティブに活動する時の
軽やかメイク

 アミューズメント施設などでのレジャーやショッピングなど、日中アクティブに動く時のカジュアルなメイク。ポイントメイクの主役を決めたらそれ以外はナチュラルに仕上げることで、ここではチークとルージュを主役にし、アイメイクは控えめに仕上げた。チークとリップの色を統一すると透明感がアップ。色はヘルシーで爽やかな印象を与えるオレンジがおすすめで、チークを目の下に逆三角形を描くようにぼかすとよりナチュラルな印象になる。

 アイシャドウは明るいベージュを上まぶた全体にぼかして光沢感を演出。アイラインは使わず、マスカラを上下まつ毛にたっぷりとつけて抜け感をつくっている。

知的な印象を与える
フェミニンメイク

 博物館や美術館を巡るならば、目元に力を入れて知的な雰囲気のメイクがおすすめ。明るいベージュのアイシャドウをまぶた全体にのせ、ブラウンカラーをアイホールの半分を目安にのせたら、最後にダークカラーをまつ毛の生え際に沿って細く描き、境界線を軽くぼかしていく。ぼかす際に目尻側が少し太くなるよう、目尻より1cm程度先まで広げていく点がポイント。下まぶたの目尻にもダークカラーを入れてぼかすこと。

 アイラインも目尻側が少しだけ太くなるように、目尻から5mm程度延長して描く。口元に少しくすんだレッドリップを使うと、一気に華やかでフェミニンな印象に。

エレガントな場にふさわしい
華やかメイク

 高級レストランでのディナーや華やかなパーティーなど、旅先だからこそ訪れる場でこそいつもとは違うゴージャスなメイクにトライすべき。アイメイクはブラウンとダークカラーを混ぜたカラーを使用。上まぶたの目の際に直線的にたっぷりと重ねたら、アイホールに向かって広げていく。同様に、下まぶたの目の際にも細く重ねて涙袋を目安にぼかしたら、アイラインをまつ毛の間を埋めるように入れて、上下にたっぷりとマスカラを重ねていく。アイメイクをポイントに据えているぶん、リップは主張しすぎないカラーがおすすめ。くすんだレッドとオレンジを2色使いすることで、ゴージャス&エレガントなメイクが完成する。

 ゴージャスメイクは眉の形も重要。アイブローパウダーで直線的に描き、眉頭をぼかしながらいつもより少しだけ濃い目に仕上げると、意志の強さを感じる眉に。リップはくすんだレッドを全体に塗布し、その上からオレンジを重ねている。