ファッション

暗闇フィットネスのパイオニアが“本気”のアパレル店を青山にオープン

 暗闇バイクエクササイズを行う「フィールサイクル(FEELCYCLE)」運営会社のフィールコネクションは、東京・南青山にアパレルのセレクトショップ「ディファレントリー(DIFFERENTLY)」を2月10日にオープンする。“地球を遊ぶ”をコンセプトに、イタリアやポーランドなど各地で買い付けた日本未上陸の約10ブランドの他、「フィールサイクル」のオリジナル商品をそろえる。30~40代の女性をメインターゲットに据え、デニムや前面にアートを施したニットなど、カジュアルアイテムを中心にラインアップ。エントランスには1カ月ごとに各国のアーティストの作品を展示するギャラリーを併設する。

 同店のディレクションやオリジナル商品を手掛けているのは、真木賢太郎アパレル&グッズ事業部長だ。過去にアパレル企業で販売や企画、バイヤーなどを経験した真木事業部長は「トレンドを意識したビジネス先行型の商品ラインアップではなく、職人やデザイナーたちが本気で作り、着てかっこいいと思えるものだけをそろえた。昔のセレクトショップの感覚だ」と語る。一部の取り扱いブランドとは、生地の選定などを共同で行い、商品を開発している。「コラボするなら、一から一緒にデザインをしようとお願いした。あくまでコラボではあるが、ブランドの人たちと新しいブランドを作っているような気持ちになった」。

 今後はアパレル以外にも取り扱い商材を拡充していくという。「ギャラリーではアートを展示しているように、ショップにはアパレルに限らず人が本気で作ったものを増やしていきたい」と語る。同店の業績次第では海外進出も視野に入れているという。「“地球で遊ぶ”をコンセプトに据えているので、必ずしも日本だけでショップを運営する必要はない。商品を共同開発しているブランドからは一緒にショップをやろうという声もかかっている。ゆくゆくは海外で、日本の“本気”を提案していきたい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら