ニュース

東京ソワールが創立50周年記念プロジェクト フォーマル市場のリーディングカンパニーをアピール

 フォーマルウエアの東京ソワールは、1月23日に迎える創立50周年を機に行う、複数の記念プロジェクトを発表した。まず、インドネシア・ジャカルタ在住のデザイナー兼カリグラファー、ヴェロニカ・ハリム(Veronica Halim)に依頼し、50周年を記念したオリジナルロゴを制作した。「女性の中で密かにブームになっている “カリグラフィー”に注目。“目まぐるしく変化し続ける環境に適応するために、自立し続ける女性を応援したい”という当社50周年のコンセプトが一致し依頼した」という。

 また、同社直営店や同社ECサイト「フォーマルメッセージ ドットコム」で「東京ソワール」商品3万円以上の購入者を対象に、応募はがきによる抽選で、JTB旅行券5万円分などをプレゼントする店頭キャンペーンを2月1日から28日まで行う。

 そして、50周年限定企画商品として、「ユキコ キミジマ(YUKIKO KIMIJIMA)」のアンサンブル(5万円)を販売する。その他にも、この1年を通じて記念プロジェクトを計画し、フォーマル市場のリーディング企業であることを発信する。

 東京ソワールは1954年、児島絹子が東京都世田谷区にオープンしたソワール洋装店が前身。2018年12月期の売上高は161億円(予想)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら