ニュース

ベイクルーズのACMEがリノベマンションの内装を監修 コンセプトは“アメリカンビンテージ”

 ベイクルーズが展開するACMEは、大京グループの大京穴吹不動産とのコラボプロジェクトとしてリノベーションマンション「リノアルファ(RENOα)」の内装とインテリアコーディネートを監修した。同プロジェクトの第1号物件は11月10日に一般公開され、2019年1月から販売される。

 プロジェクト名は“アメリカン・ビンテージの暮らしを提案する新しい「リノアルファ」”。「リノアルファ」は、中古マンションに入念な検査と点検、アフターフォローのサービスを付与したリノベーションマンションで、15年度にGOOD DESIGN賞を受賞。同プロジェクトは、「リノアルファ」に新たな価値を生み出し、従来の購買層とは異なるニーズに応えることを目指す。

 第1号物件は“WONDERFUL LIFE. AMERICAN VINTAGE”をコンセプトに、リビング、ダイニング、キッチンを監修した。床は、50~60年代のアメリカを舞台にした映画に登場する住宅に着想を得て、幅の異なるフローリング材を斜めに組み合わせた動きのあるデザインを採用。同年代のアメリカの住宅でよく見られたミントグリーンカラーの壁や、間接照明を用いた照明設計など、古き良きアメリカの住宅を現代的に再現した。所在地は東京・上野毛で、ソファやダイニングテーブルなどの家具も合わせて販売される。ACMEは同物件に加え、東京・自由が丘の物件など計4棟を監修する。