ファッション

上海のストリートはロゴで勝負 2019年春夏上海ファッション・ウイーク

 10月10〜17日、2019年春夏の上海ファッション・ウイークが開催された。会場付近に集まった来場者のファッションはさまざまだが、中でも共通して目を引いたのはやはりロゴのアイテム。東京やソウルのストリートと比較してもロゴアイテムが多い印象だ。

 「ディオール(DIOR)」や「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」「カンゴール(KANGOL)」などといったブランドの他、バッグからシューズ、ジャケットまで幅広いアイテムで着用されていたのは「グッチ(GUCCI)」と「バレンシアガ(BALENCIAGA)」だった。

 チェック柄やテーラードジャケット、ダッドスニーカー、ソックスブーツ、ボディーバッグなど、他都市でも支持を集めたアイテムが人気の一方で、ベレー帽やキャンバスシューズなど、この都市独特のトレンドアイテムも見られた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら