ニュース

シャネル傘下ニットブランドに29歳の新ディレクター

 シャネル(CHANEL)傘下のニットブランド「バリーニットウェア(BARRIE)」は2019年春夏から、新アーティスティック・ディレクターにシャネル ストゥーディオ所属のオーギュスタン・ドルマイヨ(Augustin Dol-Maillot)を起用した。

 ドルマイヨは1989年生まれで、現在29歳のフランス人だ。パリのリザア(LISAA)美術学校を卒業後、シャネルに入社。カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)=クリエイティブ・ディレクターとヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)=クリエイティブ・スタジオ ・ディレクターのアシスタントを務め、スポーツウエア・アクセサリー部門に所属し、経験を積んだ。

 ドルマイヨによるファーストコレクションは、ブランドの象徴的なアザミのマークを3Dで表現したセーターをはじめ、パジャマやアロハシャツ風のカーディガン、デニムジャケット風のニットジャケットなどを発表した。ドルマイヨは「今季は『バリーニットウェア』そのものにフォーカスし、アイコニックなロゴ、3Dステッチ、無限のカラーパレットなど、ブランドの背景にある特徴を強調した。発色に関してはカシミヤ以上に優れている素材はない」とコメントしている。

 「バリーニットウェア」は1903年にスコットランドで創業。数十年にわたってさまざまなメゾンのカシミアニットを手がける。2012年にシャネルが買収。14年に社名を冠したブランドを始動した。これまではシャネルのニット担当であるオディール・マスジエ(Odile Massuger)がデザインを担当してきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら