ファッション

マッシュが被災地に公園を寄贈 第1号は宮城県女川町に

 マッシュホールディングス(近藤広幸・社長)が2020年上期に、宮城県女川町が整備する「観光交流エリア(仮称)」内に公園を寄贈する。これは同社が16年から取り組む震災復興支援の「マッシュパークプロジェクト(MASH PARK PROJECT)」の一環で、公園建設の第1号になる。年に1度主催する参加型チャリティーイベントでの売り上げを建設費に充て、グループ会社のマッシュデザインラボ(畠山広文・社長)が公園デザインを手掛ける。設計は小野寺康都市設計事務所が行った。

 「マッシュパーク女川(MASH PARK ONAGAWA)」と名付けられる同公園は、訪れる人々や地域住民のことを考え、“遠方からも訪れたくなるアートフルな公園”“子どもが自ら遊び方を考え飽きずに遊べる公園”“大人がリラックスして子どもを見守れる公園”をコンセプトに掲げる。またデザイン面では、有機的な造形美や安心する曲線美、風化しない色彩美といった“美しさ”を追求した。場所は、JR女川駅駅前広場から女川湾に向かう「レンガみち」の先。

 また今年も、3回目となるチャリティーイベント「マッシュパークプロジェクト」をマッシュ本社で10月12〜13日に開催する。12日には須田善明・女川町長が訪れ、公園について近藤社長と会見を行う予定だ。今回は女川町の特産物を集めた特別ブースも出店し、物販フロアの売り上げの全額と、協力企業の出店ブースと屋台ブースの売り上げの一部が引き続き、公園の建設費に充てられる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら