ファッション

「ズッカ」30周年記念 「フライターグ」とのコラボトート発売

 「ズッカ(ZUCCa)」は創業30年を記念し、スイス発のサステイナブルなバッグブランド「フライターグ(FREITAG)」とコラボした2ウエイのトートバッグを888個限定で8日に発売する。

 バックパックとしても使える「フライターグ」の定番トート“F261 MAURICE”がベースで、素材もシグニチャーのトラックタープ(幌)の廃材を使用。「30」と「KISS」を意味する「XXX」と、「無限(∞)の可能性」を意味する「888」を組み合わせたグラフィックをシルクスクリーンでプリントした。価格は2万1000円。全国の直営店で販売する。

 「ズッカ」はデザイナーの小野塚秋良により1988年創業。「着る人にも、見る人にも心地よく、日々に、新しいオーガニック・スパイスを加えるような“日常着”」をテーマに、デイリーウエアを提案している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら