ファッション

柴咲コウが新曲披露&新アーティスト名「MuseK」を発表

 女優やアーティストとして活動する柴咲コウが5月30日夜、閉店後のバーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)六本木店でシークレットライブを開催した。バーニーズ ニューヨークは今季、音楽がテーマの“FASHION AS MUSIC”を打ち出しており、「スポティファイ(Spotify)」と連動。約半年の間にシシド・カフカや野波麻帆、沖野修也ら毎月さまざまなセレクターを起用し、NYの街やバーニーズ ニューヨークをイメージした約20曲を配信している。柴咲は6月のセレクターとして参加している。

 ライブで柴咲は全編英語歌詞の新曲「BLESSING」を披露。2016年11月に自身の会社を設立して以来、歌手としては初めての公の場となった。同時にグローバル配信において新たなアーティスト名MuseK(ミュゼック)として歌手活動をスタートすることを発表した。柴咲は「18年に芸能活動20周年を迎え、節目の年に制作した曲になります。昨年、NHKの大河ドラマ『おんな城主直虎』で日本の方はもちろん、海外の方にも観てもらえ、もっと海外の方にも観て欲しい、聴いて欲しいという思いが強くなりました。今後はこれまで通り、柴咲コウとして歌い続けていきたいですが、それと同様に英語の詞でもMuseKとして歌っていきたいと思っています」とコメントした。

 ライブにはファン200人に加え、約40媒体が取材に訪れた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら