ファッション

「ミラノサローネ2018」が閉幕 史上最高の43万人以上が来場

 第57回「ミラノサローネ国際家具見本市2018 (SALONE DEL MOBILE.MILANO 2018 以下、ミラノサローネ2018)」が4月22日に閉幕した。17日に開幕した同イベントは史上最高の43万4509人が来場し、隔年開催のキッチンとバスルームの見本市が行われた16年と比べ17%増、前年比26%増だった。来場者は約188カ国からと、国際化も進んでいる。出展社数は1841社で、その27%が33カ国から参加。ミラノ郊外の見本市会場は初日から熱気に包まれた。

 市内でも、「エルメス(HERMES)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「ヴァレクストラ(VALEXTRA)」など、多くのラグジュアリー・ブランドやファッション・ブランドがイベントや展示を行った。

 「ミラノサローネ」はイタリアが国を挙げて支援しているイベントの1つで、年間で最もミラノに人が集まると言われている。イタリアのGDPの5%を占める“メード・イン・イタリー”を国際的にアピールするイベントの一つでもある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら