ニュース

渡辺直美が「シュウ ウエムラ」のアンバサダーに就任 第1弾は限定コラボリップ

 日本ロレアルの「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」は、お笑い芸人の渡辺直美をブランド・アンバサダーに起用した。国内外を問わず幅広く活躍する渡辺の、自由でポジティブな姿勢がブランドの自由な発想と通じ、今回の起用に至った。

 渡辺は「『シュウ ウエムラ』は豊富な色展開をしていて、化粧品への熱い想いが伝わってくる。私にとってメイクは組み合わせ次第で自分の表現ができるものだと思っている。いろんな組み合わせに挑戦して、自分に合う個性を引き出していきたい。なのでみんなにもたくさんいろんなメイクを試してほしい」とコメントしている。

 さらに渡辺が初めて広告に起用された限定リップ「マティチュード コレクション」を4月27日に発売する。広告ではリップカラーのイメージに合わせたセクシー、ラブリー、ファンキー、エッジィーの4ルックを表現している。「マティチュード コレクション」はフランスのアクセサリーブランド「ヤズブキー(YAZBUKEY)」とコラボしたパッケージで発売。「ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット」(各3200円)に限定9色、「マジックメタリック リップ ライナー」(各3000円)に限定4色がそろった。

 また、「マティチュード コレクション」の発売に先駆けて、表参道ヒルズのスペース オーでは限定リップを試すことができるスペシャルイベントを20〜21日に開催する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら