ニュース

渡辺直美が「シュウ ウエムラ」のアンバサダーに就任 第1弾は限定コラボリップ

 日本ロレアルの「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」は、お笑い芸人の渡辺直美をブランド・アンバサダーに起用した。国内外を問わず幅広く活躍する渡辺の、自由でポジティブな姿勢がブランドの自由な発想と通じ、今回の起用に至った。

 渡辺は「『シュウ ウエムラ』は豊富な色展開をしていて、化粧品への熱い想いが伝わってくる。私にとってメイクは組み合わせ次第で自分の表現ができるものだと思っている。いろんな組み合わせに挑戦して、自分に合う個性を引き出していきたい。なのでみんなにもたくさんいろんなメイクを試してほしい」とコメントしている。

 さらに渡辺が初めて広告に起用された限定リップ「マティチュード コレクション」を4月27日に発売する。広告ではリップカラーのイメージに合わせたセクシー、ラブリー、ファンキー、エッジィーの4ルックを表現している。「マティチュード コレクション」はフランスのアクセサリーブランド「ヤズブキー(YAZBUKEY)」とコラボしたパッケージで発売。「ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット」(各3200円)に限定9色、「マジックメタリック リップ ライナー」(各3000円)に限定4色がそろった。

 また、「マティチュード コレクション」の発売に先駆けて、表参道ヒルズのスペース オーでは限定リップを試すことができるスペシャルイベントを20〜21日に開催する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら