ニュース

ジュエリー企業のサダマツがフェスタリアホールディングスに社名変更

 ジュエリー企業のサダマツが3月1日、持株会社体制に移行しフェスタリアホールディングス(FESTARIA HOLDINGS以下、フェスタリアHD)になる。グループ企業である国内事業を行うサダマツ、宝飾品およびアクセサリーの製造企業のベトナムD&Qジュエリー、台湾の6店舗を運営する台湾サダマツがフェスタリアHD傘下に入る。貞松隆弥サダマツ社長がフェスタリアHDとサダマツの社長を兼任する。

 持株会社体制に移行し社名をフェスタリアに変更することにより、主力ブランドの「フェスタリア ビジュソフィア(FESTARIA BIJOU SOPHIA)」のブランドバリューを高め、グローバルで通用するブランドに成長させるのが目的だ。2020年にはブランド別に分社化することも視野に入れている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら