ファッション

ラフォーレ原宿がトンでる40周年広告ビジュアルを公開

 ラフォーレ原宿が、気鋭のアートディレクター、スティーブ・ナカムラ(Steve Nakamura)の手掛けた40周年記念の年間広告のメーンビジュアルを公開した。カラフルな衣装をまとった老若男女がステージ上で飛び跳ねたり、動物のように波打つ動きを見せるビジュアル。 “PUBLIC SHOW”をテーマに、新しいムーブメントを起こすラフォーレ原宿の未来に向けたイメージを表現したという。写真は半沢健、振り付けをMIKIKO、ヘア&メイクを小西神士、スタイリングを武久泰洋、ライティングを東元丈典が務めた。

 スティーブ・ナカムラはLA生まれの日系アメリカ人で、2001年に来日。2011年のデビュー時から16年まできゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクションを担当。15年からはラフォーレ原宿の年間広告のメーンビジュアルも手掛けてきた。ラフォーレ原宿の年間キャンペーンのアートディレクションは過去に野田凪や長嶋りかこら、気鋭のアートディレクターが手掛けてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら