ファッション

“アヴァン・コンバース”が「ロボットレストラン」で“THE インスタ映え”なド派手絢爛ショー

 アルベール・エルバス(Alber Elbaz)前「ランバン(LANVIN)」アーティスティック・ディレクターをゲストデザイナーに迎えた「コンバース(CONVERSE)」のハイライン“アヴァン・コンバース(AVANT CONVERSE)”は1月25日、ラストコレクションのお披露目ショーとレセプションパーティーを新宿・歌舞伎町の「ロボットレストラン」を貸し切って開催した。ショー前、煌びやかな店内ではパーティーならぬ“アヴァン・コンバース”仕様のお祭りが催され、チョコバナナや焼き鳥、手巻き寿司などの屋台が出店。中にはエルバスを模した飴細工が振る舞われる屋台も並び、来場者の多くが手に取って写真を撮る楽しげな様子が見られた。

 第3弾ながらラストコレクションとなったお披露目ショーでは、「“ロボット”レストラン」だけにメタリックな素材を使用した“オールスター(ALL STAR)”など全7型が登場。福士リナやエモン久瑠美、る鹿らモデルがランウエイを歩き、フィナーレでは巨大ロボットと共にモデルたちがド派手な電飾が施されたバイクや車に乗って登場し、会場を大いに沸かせた。

 なお、“アヴァン・コンバース”は3月下旬に日本限定で発売され、「コンバース」の店舗や公式オンラインストアで取り扱う予定だ。価格帯は3万〜4万円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら