ファッション

ワコール次期社長に伊東取締役

 ワコールは31日、次期社長に4月1日付で伊東知康・取締役専務執行役員(58)が昇格するトップ人事を発表した。安原弘展・社長は代表権を持つ会長に就任する。伊東次期社長は苦戦している国内市場の立て直しやECの拡大などに挑むことなる。

 伊東次期社長は1983年に早稲田大学を卒業後、ワコールに入社。子会社スタディオファイブの社長、ワコールブランド事業本部商品営業部長、取締役執行役員ワコール事業本部長、取締役専務執行役員同本部長を歴任してきた。就任にあたり「『変えないこと』『変えるべきこと』を見極めて経営を行い、ワコールというブランドにより一層磨きをかけたい」とコメントしている。

 同日付で塚本能交・会長は退任し、ワコールホールディングスの社長職に専念。引き続きグループ経営の指揮を執る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら