ファッション

ラグジュアリーを追求するなら天然素材を使うべき、「アルヴァロ ゴンザレス」デザイナーの思い

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」などでアクセサリーデザイナーとして経験を積んだアルヴァロ・ゴンザレス(Alvaro Gonzalez)が、2018年春夏から自身のブランド「アルヴァロ ゴンザレス」を日本で本格的に展開する。ディストリビューターはブルーフィールドジャパン。主力製品はサンダルで、中心価格帯は5~7万円。2014年にオンラインECサイト「ミスターポーター」で発売したファーストコレクションは2週間で完売した。翌年からはウィメンズもスタートし、リゾート地の顧客を中心に支持を広げている。

WWDジャパン(以下、WWD):これまでのキャリアについて教えてください。

アルヴァロ・ゴンザレス(以下、ゴンザレス):スペインで生まれ、ロンドン、イタリアと拠点を移してきました。仕事を始めたのはイタリアで、「ダナ キャラン ニューヨーク(DONNA KARAN NEW YORK)」や「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」などのバッグやシューズをデザインする会社に勤務し、その後1995年から98年まで「ヴァレンティノ」で働きました。勤務地はローマでしたが、より職人と近い距離でモノ作りがしたいと思い、フィレンツェに移りました。そこからはフリーランスで「トッズ(TOD’S)」や「マックスマーラ(MAX MARA)」「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ロエベ(LOEWE)」などのアクセサリーデザインを手掛けてきました。

WWD:「ジミー チュウ」でも働くようになったきっかけは?

ゴンザレス:2002年に「ジミー チュウ」のバッグコレクションがローンチするタイミングで声が掛かったんです。(ブランドの創設者で当時チーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めていた)タマラ・メロン(Tamara Mellon)と食事をして、彼女のパーソナリティーに魅力を感じて、10年間一緒にビジネスをやりました。2002年から4年間はフリーランスでしたが、その後の6年間はインハウスでバッグデザイナーとして勤務しました。当時は4人しか従業員がいなかったので、10年でとても大きな規模に成長しましたね。

WWD:自分のブランドを立ち上げた経緯は?

ゴンザレス:当時オンラインECサイトの「ミスターポーター(MR PORTER)」の開始に向けてバイヤーが買い付けを始めていて、夏に私の家でディナーをしました。その時に私は自分で作ったサンダルを履いていて、アトリエにあるレザーや自分で作ったベルトなども見せました。そこでバイヤーから「ぜひシューズを作ってほしい」と依頼を受けました。6種類で計600足製作しましたが、2週間で売り切れました。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら