ファッション

Perfumeがファッションプロジェクト「Perfume Closet」を始動 代表曲の衣装から着想を得たアイテムを揃える

 中田ヤスタカがプロデュースする3人組テクノポップユニットのPerfumeがファッションプロジェクト「Perfume Closet」を始動する。「Perfumeの楽曲を通して皆さんと繋がれる洋服を創りたい」といった意味を込め、「Spring of Life」や「FLASH」などの代表曲の衣装から着想をしたブルゾンやパーカ、パンツなどのユニセックスのアイテムを揃える。すでに公式サイトやティザー映像は公開されており、価格や販売方法は12月4日に追って発表される予定だ。

 Perfumeのライブは衣装を真似たファンが多く来場することで知られており、「ファンの思いを汲んだプロジェクトだ」など、SNSを中心にファンの間では早くも話題となっている。

 同プロジェクトについてPerfumeの公式サイトでは、「日々過ごしている日常の中で、洋服やアクセサリーを身に付けることが、ときに自信を持って一歩を踏み出せたり、背中を押してくれるようなきっかけになる。そんな力をもらえる洋服を皆さんと共有したい」とコメントしている。

 Perfumeが所属する芸能事務所のアミューズ(AMUSE)は昨年、同社連結子会社の希船工房が「ミュベール(MUVEIL)」を運営するフレンズ(FRIENDS)、「ジュンハシモト(JUNHASHIMOTO)」を手掛けるコミタス(COMITAS)、鷺森アグリのブランド「アグリス(AGRIS)」を擁するアラウンズ(AROUNDS)の3社の株式を取得。アパレルのスキームを保有したことで、グッズ製作、アパレルブランド事業、デザイナーやクリエイターのプロデュースを行っていくことを発表していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら