ビジネス

米シアーズ、350店舗閉店着手 まずはホリデーシーズン終了と同時に63店舗閉鎖へ

 米シアーズ ホールディングス(SEARS HOLDINGS)は、17年初めに閉店を発表した350店舗のうち、「Kマート(KMART)」45店舗と「シアーズ」18店舗の計63店舗の閉店に着手する。閉店予定店舗のセールは11月9日から行われ、ホリデーシーズンを終えた2018年1月末には閉店する。シアーズの18店舗のうち自動車修理センターのある15店舗については、自動車修理センターは12月初旬に閉鎖し、店舗は1カ月遅れて閉店する。なお、昨年は「シアーズ」は280店舗以上を閉店した。

 3日に投稿された同社ブログによれば「『Kマート』と『シアーズ』を適切な店舗数および店舗面積に引き続き縮小していく。閉店予定店舗の従業員は退職金を受け取ることができる他、同じエリアの他店舗の職に応募できる。なお閉店予定店舗は、ホリデーシーズン中は会員を対象にオープンする」という。

 シアーズ ホールディングスは05年にシアーズ、Kマート、ローバック&カンパニー(ROEBUCK&CO.)が合併し発足。当初は3500店舗以上の運営と、年間売上高は550億ドル(約6兆円)を目標としていた。エドワード・S・ランパート(Edward S. Lampert)会長は、閉店は会員制のビジネスモデルに移行するプロセスの一部としているが、05年以降、特に近年は業績悪化に伴って閉店が加速している。12年初めの時点でKマート1200店舗とシアーズ2100店舗を所有していたが、18年1月末にはKマートは500店舗以下、シアーズは1150店舗以下になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら