ファッション

増田セバスチャンの新ブランド “ハイファッションへ殴り込み”

 アートディレクターの増田セバスチャンは10月24日、新ブランド「シックスディー セバスチャンマスダ(6-D SEBASTIAN MASUDA以下、シックスディー)」のファッションショーを東京・表参道のトランク ホテル開業準備室で開催した。ブランド立ち上げから1年を経て、“Noise it Colorful.”をテーマにしたメンズとウィメンズのファーストコレクションを発表した。増田といえば、きゃりーぱみゅぱみゅの美術演出や“原宿カワイイ”を発信する「ロクパーセントドキドキ(6%DOKIDOKI)」を手掛けるなど、カラフルでデコラティブな独自の世界観で知られるが、「シックスディー セバスチャンマスダ」では、その“カワイイ”要素をそぎ落とした増田が解釈するモードを見せる。

 デビューショーは、ビニールを敷いた地下室の無機的な空間で、ノイズ音とライトを激しく点滅させる演出の中での披露。アイテムはモノトーンを基調にしたPVCのライダースジャケットやアシンメトリーなフリルドレスなどの大人のためのパーティーウエア。挿し色としてビビッドなネオンイエローやピンク、フューシャピンクのシャツやパンツをコーディネートする。アクセサリーは、ハーネスやコルセットで体をシェイプさせる提案だ。

 生産は国内のデザイナーズブランドなどのOEMを請け負うカーターとの取り組みで、全ての商品を量産する。販路は国内外の百貨店やセレクトショップへの卸売りを予定。バイヤーやプレス関係者向けの展示会を10月25、26日にトランク ホテル開業準備室で開催中だ。

 増田は「『シックスディー』でハイファッションのど真ん中へ殴り込みたいと思った。1990年代にハイファッションのアンチテーゼとして、“カワイイ”のスタイルを20年やってきたらいつの間にかメジャーになっていた。クリエイティブは形なぞりではいけない。このコレクションでは現代の“大量生産”“大量消費”“工業商品”から個性とは何かと問い、表面的な色彩を封じて、心のカラフルを見せられたらと思った」と話す。

 今後は年に1回の頻度で、シーズンレスのコレクションを発表していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。