ファッション

今秋ビューティ業界で影響力を持つセレブ8人

 米「WWD」は今秋ビューティ業界において最も影響力のあるとされるセレブリティーのリストを発表した。ブランドコラボから化粧品のローンチまで、ビューティ業界では今秋多くのセレブがニュースに登場しそうだ。

1位 リアーナ
(Rihanna)

リアーナ (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 レッドカーペットで派手な衣装やメイクをまとうことで知られるリアーナは自身のコスメライン「フェンティ ビューティ バイ リアーナ(FENTY BEAUTY BY RIHANNA)」でビューティ業界にも進出する予定だ。2016年4月にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下のビューティ企業、ケンドー(KENDO)と契約を締結し、17年9月8日にデビューする。商品などの詳細は明かされていないが、「フェンティ プーマ バイ リアーナ」の17年春夏コレクションのランウエイショーでホログラフィックなリップアイテムのローンチをほのめかした。

2位 キム・カーダシアン・ウェスト
(Kim Kardashian West)

キム・カーダシアン・ウェスト (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)についで6月に自身のコスメライン「KKW ビューティ(KKW BEAUTY)」をローンチしたキム。SNSで大きな話題を呼んだ同ブランドはクリーム状のコントゥアとハイライターのセットを発売し、業界筋によると1440万ドル(約15億円)を売り上げた。8月にはコンシーラーのセットも発売予定だ。さらに、自身でフレグランスコレクションもローンチすると発表した。業界筋によると、数量限定で4〜5種の香りを販売するようだ。

3位 マドンナ
(Madonna)

マドンナ (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 14年に日本でローンチした自身のスキンケアライン「MDNA スキン(MDNA SKIN)」がいよいよ9月に米国に上陸する。自信作は自身のインスタグラムでも投稿した「リジュビネーター セット」で、クレイマスクと磁気の機器がセットになっている。イタリアのモンテカティーニテルメ産のミネラルウォーターやオリーブオイル、温泉泥を原材料にした商品をそろえているブランドだ。

4位 ヴィクトリア・ベッカム
(Victoria Beckham)

ヴィクトリア・ベッカム (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 16年9月に発売した「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」とヴィクトリア・ベッカムのコラボはあまりもの人気で第2弾が今年9月に登場する。今回は「チーク クレーム」「スキン パーフェクティング パウダー」などアイテム数が加わり、前回の2倍の商品量をラインアップする。また、6つのアイテムを収納したレザーメイクアップケース「トゥルス ドゥ マキアージュ」を700ドル(約7万6000円)で販売する。さらに、販売店舗も約3倍の1200店舗に増やし、北米やヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアパシフィックで取り扱う。業界筋は3000万ドル(約32億円)を売り上げると予測する。

5位 ベラ・ハディッド
(Bella Hadid)

ベラ・ハディッド (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 ベラ・ハディッドは「ブルガリ(BVLGARI)」が9月に発売する新作香水「ゴルデア ザ ローマン ナイト」のキャンペーンモデルに起用された。同ブランドのアクセサリーの顔にもなったベラの起用により若年層の獲得を図る目的だ。

6位 ジェームズ・フランコ
(James Franco)

ジェームズ・フランコ (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 「コーチ(COACH)」はメンズフレグランス「コーチ フォー メン」のキャンペーンモデルにジェームズ・フランコを起用。スチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)=エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターはジェームズについて「『コーチ』でよく表現するアメリカンスタイルを体現する俳優だ」と評価。16年に発売したウィメンズの「コーチ オードパルファム」が好調に推移している。

7位 サルマ・ハエック
(Salma Hayek)

サルマ・ハエック (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 ハリウッド女優でフランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri-Pinault)夫人のサルマ・ハエックはジュースバー「ジュース ジェネレーション(JUICE GENERATION)」とコラボしたスムージー兼フェイスマスクとアサイーボウルの宅配サービス「ブレンド イット ユアセルフ フォー ジュース ジェネレーション(BLEND IT YOURSELF FOR JUICE GENERATION)」を7月にローンチ。12種類のスムージーをそろえ、カットされた新鮮なスーパーフードが凍った状態で自宅に届き、消費者はそこにアーモンドミルクや水を加えてブレンダーにかける仕組みだ。

8位 シンディ・クロフォード
(Cindy Crawford)

シンディ・クロフォード (c) Fairchild Fashion Media[/caption]  

 スーパーモデルのシンディ・クロフォードが手掛けるアンチエイジングスキンケアブランド「ミーニングフル ビューティ(MEANINGFUL BEAUTY)」がリニューアルし、若年層を狙う。ガシー・レンカー(GUTHY RENKER)傘下の同ブランドはシンディと美容整形外科医のジャン・ルイ・セバ(Jean-Louis Sebagh)と協業しており、メロンエキスを配合した美容液などが有名だ。業界筋はリニューアル後の初年度売上高が1億ドル(約109億円)に上ると予測する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら