ファッション

「ナノ オルター」 × 「ピール&リフト」 ロックやパンクがモチーフのTシャツ発売

 ナノ・ユニバースとデッツ松田による「ナノ オルター(NANO ALTER)」は、「ピール&リフト(PEEL&LIFT)」とコラボレーションしたTシャツを、7月1日に発売した。テーマは、1970年代前期から80年代前期までのロックンロールやパンク、ニューウェイブ。同シリーズでは、架空のロックフェスのプリントTシャツと、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のアルバムジャケットにも使用された飛行船、ヒンデンブルク号をモチーフにしたTシャツ、70年代後期から80年代前期、ニューヨークのギャングやダンスチームが好んで使用していたフォントや言葉をモチーフにしたTシャツの3型を販売する。価格はいずれも6000円。

 「ピール&リフト」はデザイナーの細谷武司が「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の店長を経て、2005年に立ち上げたブランド。セックス・ピストルズ(Sex Pistols)の生みの親、マルコム・マクラーレン(Malcolm McLaren)とヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)によるブティック、セディショナリーズ(Seditionaries)などのパンクなネタをオマージュしサンプリングしたアイテムを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。