ファッション

ゼビオが「H.L.N.A」と協業 ボードカルチャーのメッカ“湘南”に1号店

 スポーツ専門店のゼビオは、ボードスポーツのセレクトショップ「H.L.N.A(エイチ・エル・エヌ・エー)」と協業し、スーパースポーツゼビオの店内などにH.L.N.A業態の出店を進める。2020年の東京五輪からサーフィンとスケートボードが正式競技となり、盛り上がりが予想されるため、ボードスポーツの提案を強化する。H.L.N.Aは、プロサーファーや俳優、フォトグラファーなどの顔を持つ中村竜が代表を務め、オンラインショップを中心としたセレクトショップやスケートパークの運営、プロサーファーやプロスケーターのマネジメント業務などを行うボードスポーツの発展を目指す組織。H.L.N.Aが実店舗を出店するのは初めてで、20年までに25店舗の出店を目指す。
 
 1号店として6月10日、スーパースポーツゼビオ テラスモール湘南店の約10分の1にあたる約330平方メートルをH.L.N.Aに業態転換した。店内中央には、アメリカの“サーフ小屋”をイメージした小屋を設置。サーフィンやスケートボード、スノーボードをはじめ、BMXやアウトドアグッズ、植物、アパレルグッズなども並べ、ボードスポーツの背景にあるカルチャーやライフスタイルも表現する。中村竜H.L.N.A代表は、「サーフィン、スケートボード、スノーボードは、太陽を浴びて風を感じて、自然と一体になるスポーツ。だからお店も入った瞬間にパッと広がる感覚を持てるクリーンな空間を目指した」とコメント。1号店として湘南エリアを選んだ理由を「ここはサーフタウンで自分たちのバックグラウンドが最も強い場所。まずはそこからボードカルチャーを発信したいという思いが強くあった」と説明する。
 
 今後は、出店地域によって、商品構成やMDを変えながら地域におけるボードカルチャーの情報発信基地を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら