ファッション

脱ぎ着しやすい薄手のアウターが今の気分? 東京ストリート・スナップ

 日中の最高気温が30度近くを記録した日が続くなど、夏を感じさせる強い日差しが照りつけた4月の東京からストリート・スナップをお届け。

 東京・表参道は、夜間の冷え込みも考慮してか脱ぎ着しやすい薄手のアウターがスタイリングの中心に。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のバッグに「アディダス オリジナルス バイ カニエ・ウエスト(ADIDAS ORIGINALS BY KANYE WEST)」の“イージー ブースト 350 V2”や、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」 × 「H&M」のパーカーと「シュプリーム(SUPREME)」のバッグを合わせるなど、依然“ラグジュアリー × ストリート”のミックススタイルも引き続き人気だ。また、「エトセンス(ETHOSENS)」や「ティー(TTT)」といった注目のドメスティックブランドを選んでいる人も特にメンズでは多い。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら