フォーカス

三吉彩花のファッションを輝かす“言葉の力”

 「セブンティーン(Seventeen)」(集英社)専属モデルで女優の三吉彩花は2016年、長かった髪を40cm以上切ってショートボブにイメージを刷新した。変化は見た目だけではなく、20歳の誕生日には“言葉のカウントダウン”と題した所信表明を10日前からインスタグラムで発信。内に秘めたメッセージを10個の言葉で呼びかけた。今年3月に発売したスタイルブック「みよしーくれっと」の中でも自分の内面を吐露するとともに、「セブンティーン」でも年長者として意見を求められるリーダー役を引き受けている。日本テレビ「メレンゲの気持ち」のMCを務めるなど、同世代モデルの中でも言葉に長けた存在だ。そんな彼女に今回は、女性支援に意識的なブランド「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)」を着用した撮影を通して、言葉とファッションについて話を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):昨年6月の20歳の誕生日に“言葉のカウントダウン”を行った理由は?

三吉彩花(以下、三吉):トレンドや出演作品を伝えることも大事ですが、SNSでも言葉を残す方が自分らしいと思って始めました。20歳を迎える大切なタイミング、10代最後の1週間にインドを訪れて書いていたので、日本にいる時には考えつかなかったような死生観もあったかもしれない。生きていく上で当たり前だけど、みんなに大事にしてほしい言葉を携帯のメモにたくさん綴って、その中から10個を選んで発信する順番も考えました。人生の節目節目に思い返してもらえるような言葉になればいいなと思って書きました。

WWD:言葉は普段から書き留めている?

三吉:日記は書いていますが、書き留めた言葉をSNSで発信することは今回が初です。良い言葉も悪い言葉も膨大に飛び交う世界なので、気づいたらたくさん吸収していて。言葉は自分が常に頭の中で考えているものになっていました。

WWD:ショートボブへの変化の理由は?

三吉:20歳のタイミングでひとつ生まれ変わりたかった。人の役に立つことに限らず面白いことでもよかったのですが、わかりやすい大きな変化に髪を切るという選択肢がありました。切った髪の毛も素敵な取り組みにつながりました。

WWD:“言葉のカウントダウン”のコメント欄にはたくさんの反響が寄せられた。

三吉:率直に嬉しかったです。私が一方的に発信するだけじゃなくて、皆さんの意見から私がヒントをいただいて活動に活かすこともありますから。地元の友達と話をするような感覚でみなさんの意見を知れた貴重な機会でした。スタイルブック発売記念の握手会では「私も髪の毛を切りました!」って言ってくれた方もいて、すごくありがたかった。私もそうでしたが、特に若い女子にとっては勇気のいる変化だと思いますし。若い世代がこれからの日本を良くしていくので、一緒にがんばっていきたいです。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら