ファッション

「イケア」が「バレンシアガ」の激似バッグとの見分け方を広告化

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が「イケア(IKEA)」のショッパーに似たバッグを発売し、ネット上で大きな話題になっている。ニュースサイトやSNS上で、「バレンシアガ」の2145ドル(約23万5900円)のバッグと、イケアの0.99ドル(約108円)のショッパー“フラクタ(FRAKTA)”を比較する記事や投稿が相次いでいる。 

 これに対し、「イケア」は“フラクタ”バッグと「バレンシアガ」のバッグの見分け方を伝える広告を出した。 “フラクタ”バッグは①振るとシャカシャカする②ホッケーの道具からレンガ、水まで運べる多機能性、③土の中に投げて汚くなっても水ですぐに洗い流せる、④値段がたったの0.99ドルと書かれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら