ファッション

映画「美女と野獣」の衣装を展示 銀座三越で

 三越銀座店は、ディズニー映画の実写版「美女と野獣」(4月21日全国公開)の劇中の衣装や小道具展などの展示会を19日に開始した。主演のエマ・ワトソンが着用したドレス、ダン・スティーヴインスの野獣の豪華な衣装など、俳優が実際に着たものを見ることができる。またティーポット、マグカップ、ハンカチ、ポーチ、アクセサリー、パラソルなど関連グッズ300点を販売する。

 目玉であるエマ・ワトソンのドレスは、野獣との有名なダンスシーンで着用した。ボリュームのあるスカートは、ダンスシーンを華やかに演出する。軽いサテンのオーガンジーを何層にも重ねて円形にカットし、約914メートルもの縫い糸で形にした。2160個のスワロフスキーが施されている。ウエストはかなり絞られているが、ダンスの動きを妨げないようにコルセットを使っていない。2012年の「アンナ・カレーニナ」でアカデミー賞衣装デザイン賞を獲得したジャクリーヌ・デュランが手掛けた。

 同店の東海林憲昭・店長は「明日(20日)ギンザ シックスも開業し、国内外からこれまで以上に幅広いお客さまが銀座にやってくる。話題性のあるイベントで集客力を高めたい」と話す。

 9階の銀座テラスで5月9日まで開催。衣装展示は5月1日で終了する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら