ニュース

「M・A・C」クリエイティブトップが、エスティ ローダーの全ブランドを統括

 「M・A・C」は、18年にわたり同ブランドを支えたジェイムズ・ゲイジャー(James Gager)=シニア・バイス・プレジデント(以下、SVP)兼グループ・クリエイティブ・ディレクター(以下、GCD)の退任を発表した。後任には、「ティファニー(Tiffany & Co.)」のトニー・ラキス(Toni Lakis)=バイス・プレジデント兼グローバル・クリエイティブ・ディレクターが3月20日付けで復帰する。ラキス新SVP兼GCDは2014年までの11年間、「M・A・C」でゲイジャーSVP兼GCDの右腕としてクリエイションに携わった。

 ゲイジャーSVP兼GCDは5月1日付けで、親会社であるエスティ ローダー カンパニーズ(Estée Lauder Companies)のSVP兼クリエイティブ・ディレクター兼ブランド・デベロップメントに就任予定。今後は同グループのクリエイティブを統括し、ジョン・デムジー(John Demsey)=エグゼクティブ・グループ・プレジデントとタッグを組んでグループをけん引する。

 「M・A・C」は先日、米化粧品チェーン大手「ウルタ(Ulta)」への進出を発表したばかり。

【関連記事】
■「M・A・C」からケイトリン・ジェンナーの新コレクション登場
■「M・A・C」がヘルムート・ニュートンの限定カラーコレクションを発売
■「M・A・C」が新シニア アーティストを起用

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら