紙面紹介

メンズコスメ特集 “いい男”が選ぶメンズコスメ

 「WWDビューティ」2月16日号は、「“いい男”が選ぶメンズコスメ」と題し、これまでのメンズコスメ(男性用)の枠に捉われない、新しいメンズコスメ特集です。“いい男”が実際に使用しているコスメとともに、彼らがどういった理由でそれを選んでいるのかを聞きました。メーカー関係者はもちろん、バイヤーや販売員、美容師など、メンズコスメに関わる多くの人に読んでほしい一冊です。

 登場するのは、モデルのHAYASEやTaiki、Noahの他、ファッションプレス、セレクトショップの販売員、人気美容師といった男性15人。メンズコスメにこだわりがある人からそうでない人まで、それぞれのメンズケア事情とともに、メンズコスメの活性化に必要なことも語ってもらいました。また、注目のメンズコスメの新商品も紹介。男性は自分用に、女性はプレゼント用に、コスメ探しの参考にもなります。

 最近は夫婦やカップルでコスメを共有する「シェアドコスメ」も増え、ユニセックスブランドを使う男性も多い。そういった状況の中で、メンズプレステージブランド「SHISEIDO MEN」、メンズマス向けブランド「メンズビオレ」、ユニセックスブランド「イソップ」と、立ち位置の異なる3社の担当者に、現在のメンズコスメ市場をどう捉え、どういった戦略を行っているのかを語ってもらいました。

 ニュース面では、外資系ブランドが春夏シーズンに向けて発売するボディーケアについて取り上げます。また、進化した「シャネル」の最高峰エイジングケアラインのアイクリームや、「ザ・ボディショップ」の売却を検討しているロレアル、初めて開催した「プレミアムビューティー・ヘルスショー」、メイクを刷新した「Dr. ハウシュカ」などについて紹介します。

 連載「海外Beauty通信」ではベルリン編をお届けします。ヴィーガンやベジタリアンといった菜食主義者向けのレストランやカフェが点在しているベルリン。その中でも、絶大な人気を誇る“ヴィーガンドーナツ”を提供するショップを紹介します。ビューティパトロールでは、モデルや女優としても活躍する飯富まりえの魅力に迫ります。是非ご一読ください。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 「メンズ」に捉われないことが活性化には必要

THE NEWS

  • 春夏商戦に向けて明確な機能を打ち出す 外資ブランドがボディーケアに注力
  • シャネル「サブリマージュ」 アイクリームが進化
  • ロレアルが「ザ・ボディショップ」を売却か
  • 「プレミアムビューティー・ヘルスショー」開催 「ギフトショー」との相乗効果を狙う
  • 「Dr. ハウシュカ」がメイクを刷新
  • 「ニナ リッチ」が新作フレグランス発売
  • 「HANAオーガニック」 メイクシリーズをリニューアル
  • 「キング・オブ・シェーブ」から ジェルとモイスチャライザー登場
  • 制汗剤 ニオイ対策からワキ汗対策偏重へ
  • 「パーフェクトポーション」 天然アロマスプレーを20年ぶりに刷新
  • オマーン産フランキンセンスを 配合したオイルが登場

TOPICS FASHION

  • 今週のWWDジャパンから、注目のファッション業界のニュースをお届け!
  • 「インバウンド・ショック」遠のき 今春商戦へ期待高まる
  • 5年後にはやるコスメ、10年後に生まれる技術

PROFILE.41 ロズリン・ヘイマン/サンギ社長

海外Beauty通信 ベルリン編

  • VOL.126 ベルリン発“ヴィーガンドーナツ”がかなえた夢

HIT RANKING

  • 松屋銀座で売れている「ボディーケア」TOP5
  • MEGAドン・キホーテ環七梅島店で売れている「シートマスク」TOP5
  • 編集部が選ぶ新商品情報

BEAUTY PATROL

WEEKLY SCHEDULE 2/16~2/22

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら