ファッション

「セイコー」ウェブ限定動画に綾瀬はるか aikoが楽曲を提供

 セイコーウオッチの女性向けブランド「セイコー ルキア(SEIKO LUKIA)」は2月15日、綾瀬はるかとオウムの一種であるキバタンが共演するウェブ限定ムービーを公開した。綾瀬はるかは2015、16年に引き続きイメージキャラクターを務め、3月には新しいテレビCMの公開も予定している。

 非常に高い知能と強い好奇心を持つキバタンと“ハイスペックなルキア”というセイコーが伝えたいイメージが合致。動画はキバタンがダジャレを交えながら綾瀬と掛け合うストーリーで、最後の「セイコー」というナレーションはキバタンが読み上げた。楽曲はaikoが作詞作曲した「信号」を使用する。

 CMで紹介しているのは、17年春夏モデルでラウンドケースの“SSQV028”(7万1000円)とスクエアケースの“SSVW097”(5万3000円)の2型。前者は、世界26都市の時刻を切り替えてくれるワールドタイム機能がついたソーラー電波時計「ラッキーパスポート(LUCKY PASSPORT)」シリーズ。純チタンケースを採用し、重さは40グラム。後者は日本、中国、ドイツ、アメリカの世界4カ国の標準時間を受信する「ソーラー電波」シリーズ。ステンレススチールのケースで、重さは63グラム。両モデルとも、10気圧の日常生活用強化防水を備え、カレンダー機能も搭載する。

【関連記事】
■綾瀬はるかのスケッチが時計に 限定3000本のコラボウオッチを発売
■萬波ユカがアツギの新ミューズに就任

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら