ファッション

「ダミアーニ」が傘下ブランドと世界初の同時出店

 4月20日に開業する商業施設ギンザ シックス(GINZA SIX)に出店するイタリアのジュエラー「ダミアーニ(DAMIANI)」は、昨年1月にグループの傘下に収めたヴェネツィアン グラスブランド「ヴェニーニ(VENINI)」と共に出店することが明らかになった。

 日本初上陸となる「ヴェニーニ」は、1921年にイタリア・ムラーノ島で創業した老舗ブランドで、伝統とモダンデザインの融合を目指し、創業以来多くの芸術家や建築家とコラボレーションワークを行ってきた。作品の数々は、ニューヨークのMOMAを始め、ミラノのトリエンナーレデザイン美術館、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館など世界中の博物館などで展示されている。

 ギンザ シックス1階の店舗は、「ダミアーニ」と「ヴェニーニ」のブティックが隣接する世界初の出店形態。店舗面積は両店舗合わせて61平方メートル。「ダミアーニ」のDNAであるラグジュアリーなジュエリーコレクションと「ヴェニーニ」のユニークかつ遊び心溢れるアートピースを販売する。

 今年、創業93年目を迎える「ダミアーニ」と96年の歴史を誇る「ヴェニーニ」は、世代から世代へ受け継がれた伝統や芸術、深い情熱によって、ファミリービジネスを継承し続けることに共鳴し、昨年「ヴェニーニ」を傘下に収めた。

【関連記事】
■「ダミアーニ」がロマノフ家の末裔を招き、コラボハイジュエリーをお披露目

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。