ファッション

AOKIがオーダーシステムを拡充 シャツと女性スーツを追加

 紳士服チェーンの大手AOKIは2月7日、タブレット端末を活用したパーソナルオーダーシステム「アオキ オアシス(AOKI OASYS)」にウィメンズスーツとメンズシャツのオーダーサービスを加える。

 「アオキ オアシス」はオーダースーツを仕立てる際に店舗で行っていた紙をベースとした発注書による対応を、タブレット端末で実施するシステム。膨大な生地見本やバックヤードでの在庫確認などをタブレットで一貫管理することで、接客時間のロスも軽減できる。昨年11月から全国のAOKIの572店舗で導入し、パーソナルオーダースーツの売り上げは、前年の同じ時期に比べて10%増と好評を得ている。今回のサービス拡大で、ウィメンズスーツにおいてもパーソナルオーダーの敷居が高いイメージを刷新し、売り上げ向上を目指す。

【関連記事】
■「AOKI」がタブレット活用の新オーダースーツシステムを発表
■紳士服のコナカが佐藤可士和とまたもタッグ デジタル活用のオーダー事業
■コナカのオーダースーツ店が絶好調 一気に12店舗を出店

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら