ファッション

「ギャルソン」ともコラボしたアーティストが風呂敷をデザイン

 ニット製品の製造販売やOEM(相手先ブランドの生産)を行う丸和繊維工業は、フランス人デザイナーのオレリー・マティゴ(Aurelie Mathigot)とコラボした風呂敷“おつつみ”を3月1日に発売する。商品は2種類で、鮮やかな色彩とグラデーションが特徴。2016年には、パリ市庁舎で開催された展示会「レ アトリエ ドゥ パリ(LES ATELIERS DE PARIS)」にも商品を出展した。

 “おつつみ”は、風呂敷を結ばずに包むことができるようにアレンジした商品で、葛飾北斎などの伝統的なデザインシリーズや新進気鋭のクリエーターとのデザインシリーズ、海外デザイナーとのコラボシリーズをラインアップする。

 丸和繊維工業は、メリヤス肌着の製造からスタートし、ニットのアウターウエアの縫製メーカーへ転換した。本社がある東京都墨田区の他、福島県白河市、青森県青森市に工場を構える。百貨店のOEM生産や自社ブランドのドレスシャツ「インダスタイル(INDUSTYLE)」を手掛ける。

 オレリー・マティゴは、フランスのクロシェ(かぎ針編み)を中心に活動する造形美術家。トロンプルイユ(だまし絵)のような創作が評価され、世界各地で個展を開く。パリのメルシー(MERCI)でのインスタレーションやポンピドゥセンターでのワークショップ、パリのプランタン(PRINTEMPS)のクリスマスウインドー・ディスプレーも手掛ける。14年には「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」とコレボレーションウォレットなどを発売した。

【関連記事】
■ジュンが“食”のOEMをスタート
■韓国アウトドアウエア大手が「シセ」の松井征心を起用
■岡本太郎と「ニューエラ」がコラボ “爆発系”新アイテム
■「ドクターマーチン」×「ヴェトモン」コラボブーツ発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。