ファッション

「ユニクロ」×「イネス」17年春夏の発売日決定 テーマは南仏

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、フランス人ファッション・アイコンのイネス・ド・ラ・フレサンジュとコラボした2017年春夏コレクションの第1弾を、全国のユニクロ店舗とオンラインストアで1月27日から順次販売する。同コレクションのテーマは、南仏の港町「マルセイユ」。ウェブではスペシャルサイトを公開中だ。

 イネスの好きな色で、マルセイユの海からインスパイアされたという“インディゴカラー”をキーカラーとして取り入れ、アクセントとして“ベリーカラー”を採用した。キープリントは、南仏のバカンスをイメージしたフラワープリントとドット柄。

 商品は計68アイテムで、スタジャンやシャツブルゾンなどのスプリングアウターをはじめ、ポロシャツやメッシュ素材のサマーニットをラインアップ。3月初旬には、リネンのシャツやキャミソール、ワンピースも登場する。

 価格帯はアウター3990〜9990円、キャミソール/シャツ/ブラウスが1990〜3990円、カットソー/ラウンジウエアが1500〜2990円、ニットが2990〜3990円、パンツ/スカート/キュロットが3990〜4990円、ワンピースが3990〜4990円、ハットやバッグなどのグッズが1500〜2990円、エスパドリーユが2990円。

【関連記事】
「ユニクロ×イネス」フロアショーで滝沢直己が伝えたかったこと
「ユニクロ」×イネスの第6弾が発売 初のランウエイショーを発表

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。