ファッション

紅葉真っ盛りの京都でコーヒーイベント開催 人気の専門店が一堂に集結

 京都・木屋町通の元立誠小学校で11月23日、コーヒーイベント「エンジョイ コーヒー タイム」が開催される。専門店のコーヒーを飲み比べできるほか、豆や器具といった関連商品の販売と、ワークショップも行われる。参加するショップは「ウニール」「大山崎コーヒーロースターズ」「クラス」「クランプコーヒー サラサ」「サーカスコーヒー」「トラベリング コーヒー」「ナカヤマコーヒー」「ヒビ コーヒー キョウト」の8店舗。また、「森林食堂」「アジパイ」のカレー、「さらさ焼菓子工房」の焼き菓子といった軽食や、「カリタ」と「東急ハンズ京都店」によるハンドドリップのワークショップ(要予約)、書店「誠光社」のコーヒーにまつわる書籍もラインアップする。入場券と5枚綴りの飲み比べチケット付きで、価格1200円。

 喫茶店が多く独自のコーヒー文化を持つ京都は、今年も専門店のオープンが相次いでいる。同イベントは今年2月、全国のコーヒーを紹介した「珈琲マルシェ」の反響が大きかったことから、京都のショップに焦点を当てた2回目の開催が実現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら