ファッション

「ナイキ」が新サイトをオープン 往年の人気モデル優先購入も可能

 ナイキ ジャパン(NIKE JAPAN)は11月15日、スニーカー専門の新サイト「ナイキ プラス スニーカーズ(NIKE+ SNKRS)」をローンチした。既存ECサイトとは異なり、人気スニーカーの購入や同社の象徴的なモデルにまつわる読み物、今後発売予定の商品紹介など、スニーカー好きのためのコンテンツだけを集めた自社キュレーションサイトだ。

 まずは、ローンチを記念した初めてのコレクション“12 SOLES”を発表。12月3日から順次、“エア フォース 1”や“アップテンポ”などの人気モデル12型を発売する。スニーカーに連動したクイズ大会「スニーカーズ カップ」も用意し、商品発売前に全国同時刻のクイズ大会を開催するという。合計10問の正答率と回答速度、抽選によって選ばれた上位者12人には各モデルの優先購入券が与えられる仕組みだ。

 同サイトはアメリカに次ぐ世界2カ国目のローンチだが、コンテンツは全て日本で独自に制作するという。スニーカーの購入にはECサイトとは異なるアカウント登録が必要で、電話番号認証のため同一ユーザーが複数アカウントを持つことはできない。これによって、人気スニーカーの争奪戦を緩和する狙いもあるようだ。「既存ECと『ナイキ プラス スニーカーズ』の両方で発売する商品に関しては、『ナイキ プラス スニーカーズ』での発売を先行する予定だ。人気モデルについて、既存ECでの購入に関する混乱を改善する目的もある。外部サービスを使い、購買履歴をもとにした販促連絡なども計画している。もちろん、ただ物を買うのではなく、コンテンツを楽しみ、学ぶ機会を提供するためのサイトにしたい」と同社。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら