ファッション

資生堂とセブン&アイが共同企画の「ウーノ」のスタイリング剤を発売

 資生堂は11月16日、セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)と共同企画したヘアスタイリング剤「ウーノ ダブルペースト」(4種)を発売する。同製品は、全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、オムニ7など、合計1万9300店で取り扱い、150万個の販売を目指す。

 資生堂とセブン&アイとの取り組みは、今回で3回目となる。昨年は男性用ボディケアシリーズ「エージープラス メンズオフィスデオ」(ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー)を発売し、累計販売数60万個、計画比50%増と実績を残した。今回は昨年の実績を受け、コンビニにおける男性化粧品の市場はまだ伸びると考え、資生堂の中でも男性認知度の高いブランド「ウーノ」での新製品開発に至った。

 新製品の「ウーノ ダブルペースト」は30代の働く男性をメーンターゲットとしたヘアスタイリング剤で、要望の多いセット力、アレンジ力、キープ力、シャンプーでの落ちやすさなどを考慮し、ワックスとジェルを組み合わせた新処方となっている。ナチュラルとマットの2タイプで、サイズはそれぞれ20gと90gを用意する。「最初は試しに使ってみようと考える人が多いと思うので、20gのミニサイズを用意した」とセブン-イレブン・ジャパンの石橋誠一郎・取締役執行役員 商品本部長は語る。

 資生堂にとってもセブン&アイとの取り組みは新しい顧客創造につながると考えている。資生堂の杉山繁和・執行役員は「全国1万9300店で取り扱うということは、そこで初めて『ウーノ』に接する人もいるはず。そうした接点の多さは新しい出会いにつながるので、ブランドにとっては大きな魅力。そこから着実にファンを増やしていきたい」と語る。

■ウーノ×セブンプレミアム「ウーノ ダブルペースト」 ナチュラル
価格:(20g)250円、(90g)647円
■同 マット
価格:(20g)250円、(90g)647円
発売日:2016年11月16日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら