ファッション

重松理・名誉会長が語る、六本木、「順理庵」、そして「UA」

ua ユナイテッドアローズが9月22日、六本木に、オレンジのブランドカラーで知られる基幹ブランド「ユナイテッドアローズ」(以下、UA)の旗艦店をオープンする。創業者の重松理・名誉会長が手掛ける「順理庵」の2号店も銀座に続いてオープンする。重松名誉会長が見てきた六本木や、西洋の良いものを日本で紹介してきた重松会長が提案する“日本の良いもの”や“日本の美意識と精神性”、そして、これからの「UA」に対するほんのちょっぴりのアドバイスを聞いてみた。

WWDジャパン(以下、WWD):重松名誉会長は今回の六本木店出店に当たり、どのような役割を担ったのか?

重松理・名誉会長(以下、重松):2年前、森ビルが六本木ヒルズをリニューアルするプランがあり、それに合わせて「UA」のお店を増床したいので、プラン作りの相談に乗ってほしいと社内から頼まれた。すでに取締役は降りていたので「六本木に旗艦店をつくるんだね~」という感じだったけれど、「勝手に言っていいなら」と前置きしたうえで「日本的なお店を作ったらどうですか?内装も数寄屋造にしてしまうとか。それくらいしたら、森ビルも面積を考えてくれるんじゃない?」と提案した。もともと「銀座に和の十貨店を作りたい」と考えていたし、森ビルには虎ノ門のマッカーサー道路に日本建築で和の専門店を作るプレゼンをしたいと思っていたことも背景にあった。六本木店が実現することになった際、当時のUA本部長がその話を覚えていてくれて、インショップでやらないかと声を掛けてもらった。4月に銀座に「順理庵」の1号店がオープンしているが、店が増えればロットもカバーできるし、六本木旗艦店の内装デザインがワンダーウォールの片山(正通)さんで、コンセプトも「バザール」とか「混沌」ということだったので、「順理庵」が入るのにふさわしいとも感じた。

WWD:改めて「順理庵」に賭ける思いとは?

重松:京都に6年前、古いマンションを買って、いろいろな縁を得たり、実際にいろいろなものを見たりしてみて、「われわれが思う『和』は外国人から見た和だな」と気付いた。本質的な価値や絶対的な価値、究極の日本の様式を伝えきれていないなと反省した。(創業メンバーだった「ビームス」や、89年に創業した「ユナイテッドアローズ」を通じて)、これまで40年近く海外の新しいもの、面白いもの、歴史があるものなどを日本に持ってきて紹介してきたたが、日本のもの、クオリティーの高いものを掘り下げてマーケットに出すことが、自分の最後の仕事だと認識した。京都の源兵衛さん(老舗帯匠、誉田屋(こんだや)源兵衛の山口源兵衛・代表)と一緒に檸檬草(れもんそう)という手織りの会社を設立し、奄美(鹿児島県)を起点に染織技術者養成施設を運営するなど、商品もでき始めている。「順理庵」はそれらを販売する拠点としての役割も担っている。

WWD:「順理庵」では麻やシルクなどの反物からのオーダーメードや、一部洋服を扱っているが、六本木店でのラインナップは?

重松:今、銀座店でも商品アイテムを増やしている。伝統的な技術を使った革小物や靴下、日本の織物を使ったネクタイなど、純国産で国内生産という商材を増やしている。これから取り組むのは、メーカーコラボ商材だ。作った方の名前を前に出すことにより、両者にとってブランディングをしっかりとすることで、出自を明確にし、信頼性を高めたい。

WWD:海外展開の予定は?

重松:全くない。欲しければ日本に買いに来てもらえれば。ただ、英国ハロッズの貴賓室や、ドバイの石油王がお客さまのVIP向け商談会などに商品を出してみないかという誘いを受けている。これはちょっと興味はある。「エルメス」の齋藤(峰明・エルメス本社元副社長)さんも、日本の伝統工芸を世界に持って行くことを使命として取り組まれている。日本の本当に良いものを世界に発信するのは潮流なのかもとは思う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら