ニュース

YouTubeの無料の映像制作スペース「YouTube Space Tokyo」が一周年 今後の展望が明らかに

 YouTubeが運営する無料の映像制作スペース「YouTube Space Tokyo」が2月15日、オープン1周年を迎えた。同スペースは、YouTubeで投稿するユーザーを支援するための施設として、ロンドン、ロサンゼルスに続き、世界で3ヶ所目に東京・六本木ヒルズに設立された。無料て?映像制作の専門家から技術を学ひ?、最新のテ?シ?タル映像制作の機材やホ?ストフ?ロタ?クション設備を利用して、映像の編集からアッブロードまで制作できるのが魅力だ。

 この1年間で1000本以上のオリジナル動画が制作され、総再生回数は4700万回を超えた。また、YouTubeのクリエイター同士が出演するコラボレーションは350組以上にのぼった。

 14日に行われた記者会見では、デーヴィッド・マクドナルド YouTube コンテンツオペレーションズ アジア太平洋統括部長が「ハイスヒ?ート?カメラやマシ?ックミラー仕様のメイク動画用セットなと?、さまさ?まな設備を積極的に導入していきたい。また、日本のクリエイターの世界て?の活躍を後押しするためのフ?ロク?ラムを予定している」と今後のプランを発表した。

 また、新たに開設したメイク用のスタジオセットでは、YouTube内で5万人のフォロワーを持つ、人気のビデオブロガーのキム・ダオ(Kim Dao)がデモンストレーションを行なった。

 なお、スペースを利用するには、YouTube ハ?ートナーフ?ロク?ラムに参加し、公式サイトから応募する必要がある。