ファッション

日本初上陸のベルギー発チョコレートブランド「ビーバイビー」が銀座にオープン

 三交クリエイティブ・ライフは9月18日、日本初上陸となるベルギー発のチョコレートブランド「ビーバイビー(BbyB.?)」のプレス関係者向けお披露目会をベルギー大使館で開催した。11月下旬、直営店を銀座にオープンする。

 「ビーバイビー」のチョコレートは、ベルギー北部にあるリゾート地、クノック=ヘイストの郷土菓子であるキャンディー"バベリュット"にヒント得たスイーツ。スティックのようなシンプルな形で、ベースとなるチョコレートはブラック・ミルク・ホワイトの3種類。チョコレートの中は、「ストロベリー&胡椒&レモン」や「レモン&チェリー」「パッションフルーツ&バジル」「ラズベリー&ローズ」など28種のフレーバーが入る。パッケージは全3種類。5本入ボックス(1300円)、10本入のアソートボックス2600円)、5本入りボックスが5箱入ったセット(6500円、すべて税抜き)を販売する。

 建築事務所ネンド(nendo)がショップデザインを手掛ける店内には、カフェスペースを用意。「ビーバイビー」と同様にベルギー発のコーヒーメーカー「バスコベロ(Vascobelo)」のコーヒーを提供する。

 「ビーバイビー」は2010年、ミシュランで2つ星を獲得したレストラン「バルトロミューズ(Bartholomeus)」のシェフであるバルト・デスミットが設立したチョコレートブランド。現在、ベルギー・アントワープとブルッヘに店舗を構え、ショコラティエのヤン・ヴェルレイエとともに開発したチョコレートを販売している。

■ 「ビーバイビー」銀座店
オープン日:11月下旬
住所:東京都中央区銀座3-4-5
営業時間:11:00?20:00(日曜日・祝日は19時まで)
店舗面積:約73平方メートル

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら