ファッション

デンマークの家具メーカーのカール・ハンセン&サンの旗艦店がオープン

 デンマークを代表する家具メーカーのカール・ハンセン&サン(以下、カール・ハンセン)は3月3日、神宮前に旗艦店をオープンした。カール・ハンセンは1908年創業。20世紀を代表する家具デザイナーのハンス・J・ウェグナー(Hans J. Wegner)を始め、モーエンス・コッホやコーア・クリントなどデンマークの著名デザイナーの家具を製造している。約185�u、2層からなる同店の1階は老舗工房のルド・ラスムッセンのクラフツマンシップが光る家具を、2階にはハンセンを始めとする数多くの名作を展示し販売する。入口のスペースにはウェグナー作のアイコニックな「Yチェア」や、フリッツ・へニングセンがデザインした名作の復刻版「ヘリテージチェア」を展示。カール・ハンセンの世界観及び、商品一つひとつのストーリーの発信を行なう。

 同社は今年ウェグナー生誕100周年を記念し、ロゴマークを一新。また、彼が55年にデザインし当時プロトタイプのみ製造された幻の椅子「CH88」を4月2日に発売する。「CH88」の素材はビーチ材、オーク材、フレームはステンレススチール、ブラック、クローム、座面は合板、革張り、布張りから選べる。小売り価格は4万6000円(税抜き)から。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら